有坂はるな個展「答辞」2024年7月27日(土)〜8月7日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー



作品画像

《世界への答辞》(2024)F6号

ARISAKA Haruna Solo show "Reply"
Jul 27 (Sat) - Aug 7 (Wed), 2024(close:Thu, Fri) at SUNABA gallery


有坂はるな「答辞」
種別:企画個展
会期:2024年7月27日(土)〜8月7日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


ARISAKA Haruna solo show
"Reply"

DATE:Jul 27 (Sat) - Aug 7 (Wed), 2024
TIME:14:00 - 20:00(JST)、Wed 18:00
CLOSE:Thu, Fri
ADMISSION:free

SUNABA gallery
Yosimura Bld.302, 1-1-6, Nakazakinishi, Kita-ku
OSAKA, 530-0015, JAPAN
sunabagallery@gmail.com

作家プロフィール|Profile



女子美術大学日本画専攻卒。ギャラリーあまねく(静岡)にて個展。当店のほか、松坂屋上野店(東京)、銀座モダンアート(東京)、東京芸術劇場(東京)、美の起原(東京)、銀座画廊(東京)、ギャラリー枝香庵(東京)などでグループ展。受賞歴に「見参-KENZAN-2021」N賞、「2021美の起源展」 入選。
Graduated from Joshibi University of Art and Design, majoring in Japanese painting. She had a solo exhibition at Gallery Amanek (Shizuoka). In addition to our gallery, group exhibitions have been held at Matsuzaka Ueno Store (Tokyo), Ginza Modern Art (Tokyo), Tokyo Metropolitan Theater (Tokyo), Origin of Beauty (Tokyo), Ginza Gallery (Tokyo), Gallery Koushian (Tokyo), etc. . She was selected for the "KENZAN-2021" N Award and the "2021 Origin of Beauty Exhibition".
[link]

イントロダクション|Introducton



  • sunaba
    有坂はるな《girl in house Ⅱ》(2023)
    ARISAKA Haruna 'girl in house Ⅱ' (2023)

    sunaba
    有坂はるな《灯火》(2022)
    ARISAKA Haruna 'light' (2022)

  • 主催者ごあいさつ|From gallery

    人間の顔ではなく、人間の心や感情を、人物画を通して描いている、とこの作家はあるところで語っています。近年の美人画ブームの中、この作家もまたそうした枠組みで紹介されることが多かったのですが、そうした意味で有坂はるなは、幻想絵画の作家なのだと私は個人的に思っています。地元以外では初となる個展、この機会に是非ご高覧いただきたく思います。
    This artist says at one point that she does not depict human faces, but depicts human hearts and emotions through portraits. In the recent boom in paintings of beautiful women, this artist has often been introduced in this way, but in that sense, I personally think that ARISAKA Haruna is an artist of fantasy paintings. This is her first solo exhibition outside of her hometown, and we hope you will take this opportunity to see it.

    作家ステートメント|Statment

    人間の心は何処にあるのか。 魂は存在するのか。 それが存在するのであればどんな形か、どんな色か。 言葉では表現しきれない人間の内面に触れ、痛々しさや淋しさ、やりきれない感情、それらの近くにある温かさ、冷たさを絵画で表現しようと制作を続けています。


    Where is the human heart? Does the soul exist? If it exists, what shape and color would it be? I continue to create paintings that touch upon the inner world of humans that cannot be expressed in words, and express through paintings the pain, loneliness, unresolved emotions, and the warmth and coldness that lie close to us.

    有坂はるな|ARISAKAHaruna [link]


個展


2022年 「世界から忘れられても」ギャラリーあまねく(静岡)
2021年 「ぼくはきみがきらい」ギャラリーあまねく(静岡)


グループ展


2024年 「女子美術REUNION」松坂屋上野店(東京)
2023年 「夏の華Ⅱ」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2023年 「冬の華」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2022年 「美少女に会いたいⅫ」銀座モダンアート(東京)
2022年 「妄想装画展」銀座モダンアート(東京)
2022年 「KENZAN2022」東京芸術劇場(東京)
2022年 「女子美術REUNION」松坂屋上野店(東京)
2022年 「いい芽ふくらめ公募展in静岡」松坂屋静岡店(静岡)
2022年 「不知火のころ」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2021年 「美の起原展2021」美の起原(東京)
2021年 「山本冬彦が選ぶ小作品展Ⅶ」ギャラリー枝香庵(東京)
2021年 「KENZAN2021」東京芸術劇場(東京)
2020年 「KENZAN2020」オンライン
2019年 「零の肖像」アトリエ「空白」(大阪)
2019年 「KENZAN2019」新宿パークタワー(東京)
2018年 「」東京都福生市福生駅ギャラリー(東京)
2017年 「銀座MOGA」銀座モダンアート(東京)


媒体掲載


2018年 『The Guide Artists』(The Guide Artists Magazine)


受賞歴


2021年 「見参-KENZAN-2021 N賞受賞」


会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像
[google map]