石塚ちえ個展「贅沢な庭」2024年7月13日(土)〜24日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー



作品画像


ISHZUKA Chie Solo show "Luxury garden"
Jul 13 (Sat) - 24 (Wed), 2024(close:Thu, Fri) at SUNABA gallery


石塚ちえ「贅沢な庭」
種別:企画個展
会期:2024年7月13日(土)〜24日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


ISHZUKA Chie solo show
"Luxury garden"

DATE:Jul 13 (Sat) - 24 (Wed), 2024
TIME:14:00 - 20:00(JST)、Wed 18:00
CLOSE:Thu, Fri
ADMISSION:free

SUNABA gallery
Yosimura Bld.302, 1-1-6, Nakazakinishi, Kita-ku
OSAKA, 530-0015, JAPAN
sunabagallery@gmail.com

作家プロフィール|Profile



倉敷芸術科学大学卒業。ギャラリー OF( 岡山 ) にて個展。当店のほか、gallery TOWED ( 東京 )、art gallery opaltimes ( 大阪 )、 atelier art space and shop M( 横浜 )、ARTAS GALLERY( 福岡 )、Art Galley Shirokane6c( 東京 )、Palette Art Space ( タイ )、アトリエ三月 ( 大阪 )、などでグループ展。媒体掲載に 『イラストレーション NO.226』、Cut Tenor Even『不可能な A 子』(Cut Tenor Even) アートワーク。2020 年「ザ•チョイス」入選。
Graduated from Kurashiki University of Arts and Sciences. Solo exhibition at Gallery OF (Okayama). In addition to our gallery, she has joined group exhibitions at gallery TOWED (Tokyo), art gallery opaltimes (Osaka), atelier art space and shop M (Yokohama), ARTAS GALLERY (Fukuoka), Art Galley Shirokane6c (Tokyo), Palette Art Space (Thailand), and Atelier Mizuki (Osaka), etc. She appeared at magazine "Illustration NO.226". Cut Tenor Even "Impossible A Child" (Cut Tenor Even) artwork. Selected for “The Choice” in 2020.
[link]

イントロダクション|Introducton



  • sunaba
    石塚ちえ《ハロルドは逃げて》(2023)
    ISHZUKA Chie 'Harold ran away' (2023)

    sunaba
    石塚ちえ《大きな諢でもてなして》(2022)
    ISHZUKA Chie 'Treat me with a big name' (2022)

    sunaba
    石塚ちえ《Z3》(2022)
    ISHZUKA Chie 'Z3' (2022)

    sunaba
    石塚ちえ《ぎょ》(2021)
    ISHZUKA Chie 'Fish' (2021)

    sunaba
    石塚ちえ《salad》(2021)
    ISHZUKA Chie 'salad' (2021)

  • 主催者ごあいさつ|From gallery

    この作家をどう紹介すべきか、本当に迷います。当店では「ポストkawaii」の枠組み、世にいうキャラクター絵画の枠組みで紹介してきましたが、その枠に収まる作家でないことは明らかです。モチーフの極端な変形、頻出する美少女と鮮魚の組み合わせ(なぜ?)。リヒターを思わせる刷毛跡(だが全然フォトリアリズムではない)、複数の絵柄の混在と重なり。そして建築物と融合する人体、などなど。絵画における論理やジャンル分けを軽々と飛び越え、混乱させる異才、だがしかしあくまで軽やかで天然な筆致。この奇妙な俊英を、どうぞこの機会に心ゆくまでお楽しみいただけましたら幸いです。
    I'm really at a loss as to how to introduce this artist. At our shop, we have introduced him within the framework of "post-kawaii", or what is commonly known as character painting, but it is clear that she is not an artist who fits within that framework. An extreme deformation of the motif, the frequent combination of a beautiful girl and fresh fish (why?). Brush marks reminiscent of Richter (but not photorealism at all), and the mixture and overlap of multiple touch. And the human body fused with architecture, etc. She is a genius who easily transcends and confuses the logic and genre divisions of painting, but her brushstrokes are light and natural. We hope that you will take this opportunity to enjoy this strange genius to your heart's content.

    作家ステートメント|Statment

    扉のないこの部屋は 枠線は蛍光シアンに縁取られている 発光するほどの真っ白な部屋 そこに顔が干渉縞となった男がピアノを弾いている

    アクリル樹脂でできた鍵盤と オニキスでできた黒鍵と 木製の鍵盤とを交互に並べたピアノを指で弾いて

    (ところどころ歯のもげたそのピ、ア、ノ、は )

    「これは缶詰だよ」
    「ギチギチに詰まっていないのに?」
    「これは缶詰だよ」
    ギチギチに詰まっていないのに。

    彼が歌っている歌は聞いたことのあるものが継ぎ接ぎに作られていて 思い出の隠喩が部屋に散布して心が落ち着かない

    部屋の隅で水を多く含んだレタスをしゃぶる音がする 尻にうぶ毛の生えた淡黄色のコビトの男 彼がしゃぶる度に 私の鼻孔からはマリーゴールドの茎の匂いが色濃く こびりついて 目が開けていられなくなる

    「どこかで会ったことが」
    「ありません」

    私の問いを揉み消すように 彼は ぴしゃりとピアノを弾いた 何故かピアノからは竹笛のような音が ホーンと響いた 酸欠を覚える 食い入るような否定は 首を折るような肯定だよ どこかで会ったことがある人よ

    冷たいものの方が甘いからわたしは冷たいものがすき 吹いた風がわたしのまぶたの隙間に入り込んで 小部屋を作ったの きっとここが その

    目を凝らしていると この部屋の周りは浅茅に覆われていて 壁には小さな黒い傷が点々と 反復している  きっとこれらをかき集めたら 彼の歌う唄の正体が分かるのに

    私も彼もそこから動かないままで



    The border of this room without a door is outlined in fluorescent cyan a pure white room that glows. There, a man with interference fringes on his face plays the piano. He uses his fingers to play the piano which has alternating keyboard made of acrylic resin and a black key made of onyx and wooden keys.

    (The teeth of the pi-a-no are cracked here and there)

    "This is canned food."
    “Even though it’s not really packed?”
    "This is canned food."
    Even though it's not packed tightly.

    The songs he sings are a patchwork of songs I've heard before. Metaphors of memories are scattered around the room and I feel uneasy.

    I hear the sound of sucking wet lettuce in the corner of the room. A pale yellow dwarf man with downy hair on his butt. Every time he sucks the smell of marigold stems is strong in my nostrils, stuck to me, I can't keep my eyes open.

    "Have I met you somewhere?"
    "No, I've never met you."

    As if to drown out my questions, he played the piano sharply. For some reason, a bamboo flute-like sound rang out from the piano. I felt a lack of oxygen. Someone I've met somewhere, a hard denial is an affirmation that will break your neck, isn't it?

    I like cold things because they are sweeter. The wind that blew entered the gap between my eyelids and it made a small room. I'm sure that here is it.

    When I look closely the area around this room is covered with shallow grass and the walls are dotted with small black scratches. If I collected these scratches, I could know the true identity of the song he sings.

    Neither he nor I moved from there.


    石塚ちえ|ISHZUKAChie [link]


個展


2022年 「歩く真似」喫茶曲がり(岡山)
2021年 「そこそこの犬」ギャラリーOF(岡山)


グループ展


2024年 「Art Lounge project #4 - inner vision」Le Metté Adeline(岡山)
2024年 「favorite」atelier art space and shop M(横浜)
2024年 「草葉の陰より」gallery TOWED(東京)
2023年 「’Oumuamua」gallery TOWED (東京)、art gallery opaltimes (大阪)、OF (岡山)
2023年 「favorite」atelier art space and shop M(横浜)
2023年 「ポストKawaii : ハイパーポップ」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2023年 「ポストKawaii : オルタナティブ・キュート」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2022年 「メランコック日常」ARTAS GALLERY(福岡)
2022年 「Shirokane May」Art Galley Shirokane6c(東京)
2022年 「ポストkawaii Ⅲ」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2022年 「ポストkawaii Ⅴ」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2021年 「CROSS OVER vol.35」Palette Art Space (タイ)
2020年 「SCvol.17」アトリエ三月(大阪)


媒体掲載


2023年 Cut Tenor Even『不可能なA子』(Cut Tenor Even)アートワーク[link]
2020年 『イラストレーション』(玄光社)NO.226[link]


受賞歴


2020年 「ザ・チョイス」入選


会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像
[google map]