mumei個展「綺羅」2024年2月17日(土)〜28日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー



作品画像


mumei Solo show "Glamor and beauty"
Feb 17 (Sat) - 28 (Wed), 2024(close:Thu, Fri) at SUNABA gallery


mumei「綺羅」
種別:企画個展
会期:2024年2月17日(土)〜28日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


mumei solo show
"Glamor and beauty"

DATE:Feb 17 (Sat) - 28 (Wed), 2024
TIME:14:00 - 20:00(JST)、Wed 18:00
CLOSE:Thu, Fri
ADMISSION:free

SUNABA gallery
Yosimura Bld.302, 1-1-6, Nakazakinishi, Kita-ku
OSAKA, 530-0015, JAPAN
sunabagallery@gmail.com

作家プロフィール|Profile



京都市立芸術大学卒。当店のほか、あべのハルカス近鉄本店(大阪)、神戸アートマルシェにて個展。アートフェア「INFINITY JAPAN 2023」台北老爺大酒店(台北)出品。グループ展に当店のほか、デザインフェスタギャラリー原宿(東京)、モダンアートプロデュース、Galerie Lã(東京)など。長野まゆみ『さくら、うるわし 左近の桜』(角川文庫)表紙装画担当。媒体掲載多数。
Graduated from Kyoto City University of Arts. In addition to our gallery, solo exhibitions were held at Abeno Harukas Kintetsu Main Store (Osaka) and Kobe Art Marche. Exhibited at the art fair "INFINITY JAPAN 2023" Taipei Laoji Hotel (Taipei). In addition to our gallery, group exhibitions include Design Festa Gallery Harajuku (Tokyo), Modern Art Produce, and Galerie Lã (Tokyo). In charge of cover illustration for Mayumi Nagano's "Sakura, Uruwashi Sakon's Sakura" (Kadokawa Bunko). Many media publications.
[link]

イントロダクション|Introducton



  • sunaba
    mumei《彼岸》(2023)
    mumei 'Beyond' (2023)

    sunaba
    mumei《うつりにけりな》(2023)
    mumei 'It has gone away' (2023)

  • 主催者ごあいさつ|From gallery

    京都市立芸術大学で日本画を学び、当店の美少年系展示の中心を担ってきたmumei。美少年の持つ危うさ、毒を描き出す手腕では、その右に出る者はいません。昨年は、あべのハルカス近鉄本店(大阪)での個展のほか、台北でのアートフェア「INFINITY JAPAN 2023」にも出品。その美意識は内外の注目を集めています。2年ぶりとなる当店での個展、どうぞ存分にお楽しみください。
    mumei studied Japanese painting at Kyoto City University of Arts and has played a central role in our gallery's bishounen-related exhibits. No one can match her ability to portray the danger and toxicity of beautiful boys. In addition to the illustrations for Mayumi Nagano's paperback book, her unique aesthetic sense is currently attracting a lot of attention, including a successful solo exhibition at Abeno Harukas Kintetsu Main Store (Osaka). Please enjoy this solo exhibition at our gallery for the first time in two years.

    作家ステートメント|Statment

    きらきらと美しく輝く星。 その光は遥か遠くからとても長い時間をかけて届きます。 いったいどれほど眩い光なのでしょうか。 そんな夜空を彩る星々もいつかは輝きを失ってしまいます。遥か遠くの星は今はもう輝いていないのかもしれません。 私たちは彼らの本当の最期を知ることも出来ず、その運命に干渉することはできないのです。 しかし、だからこそ人々の心を魅了するのではないでしょうか。 私は美しく輝く彼らの瞬きを目に焼き付けたい。


    A star that shines brightly and beautifully. That light takes a very long time to reach us from a great distance. Just how bright is their light? The stars in the night sky will eventually lose their shine. The distant stars may no longer be shining. We cannot know their true end and cannot interfere with their fate. But perhaps that's why it captivates people's hearts. I want to capture their beautiful, shining twinkles in my eyes.

    mumei|mumei [link]


個展


2022年 「mumei展」あべのハルカス近鉄本店(大阪)
2020年 「幽微」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2019年 「凛然」SUNABAギャラリー(大阪)[link]


グループ展


2022年 「少年展Ⅳ」デザインフェスタギャラリー(東京)
2021年 「美しい男展VI」Galerie Lã(東京)
2021年 「少年展III」デザインフェスタギャラリー(東京)
2021年 「背徳 みだれる少年」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2020年 「真夏の死Ⅳ 夏の光と少年たち」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2020年 「美しい“男”展Ⅴ」Galerie Lã(東京)、モダンアートプロデュース
2020年 「追憶睡った欠片、泡沫の庭園」gallery cafeBar 冥(大阪)
2019年 「静止、或いは午睡の庭園」gallery cafeBar 冥(大阪)
2019年 「SUNABA福袋2019」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2018年 「密室のコレクション」SUNABAギャラリー(大阪)
2018年 「Sitry × mumei 少年遊戯」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2017年 「あやかしの少年」SUNABAギャラリー(大阪)
2017年 「SUNABAコンペティション2017」SUNABAギャラリー(大阪)


アートフェア


2023年 「神戸アートマルシェ2023」、神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸)
2023年 「INFINITY JAPAN 2023」、台北老爺大酒店(台北)
2022年 「神戸アートマルシェ2022」、神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸)


媒体掲載


2022年 『ExtrART file.32』(アトリエサード)[link]
2022年 『月刊美術』(株式会社サン・アート)2022年4月号[link]
2021年 長野まゆみ『さくら、うるわし 左近の桜』(角川文庫表紙装)[link]
2021年 『美術屋・百兵衛』(麗人社)No.59[link]


会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像
[google map]