林美紅個展「言葉にならない言葉について」2022年10月13日(木)〜17日(月) 火曜休廊 イロリムラ


Tweet
作品画像


HAYASHI Miku Solo show "About the words that cannot be spoken"
Oct 13 (Thu) - 17 (Mon), 2022(close:Tue) at IRORIMURA


林美紅「言葉にならない言葉について」
種別:企画個展
会期:2022年10月13日(木)〜17日(月)
時刻:12:00~20:00 (最終日18:00まで)
休廊日:火曜休廊
入場料:無料

会場:イロリムラ
〒530-0016 大阪府大阪市北区中崎1丁目4番15号
info@irori2005.com


HAYASHI Miku solo show
"About the words that cannot be spoken"

DATE:Oct 13 (Thu) - 17 (Mon), 2022
TIME:12:00 - 20:00(JST), Last day - 18:00
CLOSE:Tue
ADMISSION:free

IRORIMURA
1-4-15 Nakazaki, Kita-ku, Osaka-shi,
OSAKA, 530-0016, JAPAN
info@irori2005.com

作家プロフィール|Profile



京都市立芸術大学在学中。2021年、2022年「京都市立芸術大学制作展」。2021年「BORDER! 2021」ゼスト御池(京都)、2022年「第6回京都学生アートオークション」京セラ美術館(京都)、「Black market II」SUNABAギャラリー(大阪)。
Currently attending Kyoto City University of Arts. 2021 and 2022 "Kyoto City University of Arts Production Exhibition". 2021 "BORDER! 2021" Zest Oike (Kyoto), 2022 "6th Kyoto Student Art Auction" Kyocera Museum of Art (Kyoto), "Black market II" SUNABA Gallery (Osaka).
[twitter]

イントロダクション|Introducton



  • sunaba
    林美紅《電子の海のオフィーリア.i》(2022)
    HAYASHI Miku 'Ophelia in the electronic sea .i' (2022)

    sunaba
    林美紅《cell》(2022)
    HAYASHI Miku 'cell' (2022)

  • 主催者ごあいさつ|From gallery

    林美紅はデジタル表現のテイストをペインティングに持ち込もうとする若手作家。臨時にコレクション展でご紹介したところ、いきなり大型の作品が売れてしまいました。その後、どうしても個展を近々にやりたいと言いだしたため、ご近所のイロリムラさんをお借りして、当店プロデュースでの個展を開催することといたしました。とにかく若くて勢いのあるこの作家に、どうぞご注目お願いいたします。
    HAYASHI Miku is a young artist who tries to bring the taste of digital expression to oil painting. When we introduced her at a temporary collection exhibition, she suddenly sold a large piece of work. After that, she said she really wanted to do her solo exhibition soon, so we decided to borrow our neighbor gallery, IRORIMURA, to hold a solo exhibition produced by us. Anyway, please pay attention to this young and dynamic artist.



    作家ステートメント|Statment

    コンピュータたちが使っている言語を、彼らを利用しながらも理解している人間はそう多くない。では同じ生き物である人間が使っている言語ならば、私たちは理解できているのだろうか。SNSで日々飛び交う炎。すれ違う何気ない会話。地球上に言語は無数にある。しかし、例え同じ言語(Language)を話す人々の間ですら、その言葉(words)は同じではない。それなら、誰かの絵画を見て「分からない」と言うことも、誰かの発言を聞いて「分からない」と言うことも、私は等しく、自然だと思いたかった。  人間は分かり合いたい生き物である。


    Not many people understand the language used by computers while using them. So do we understand the language used by humans, who are the same creatures? Flames that fly every day on SNS. A casual conversation that passes each other. There are countless languages on earth. But even among people who speak the same language, the words don't mean the same meaning. Then, I wanted to think that it was equally natural to look at someone's painting and say "I can't understand" or to hear someone's remark and say "I can't understand". Humans are creatures that they want to understand each other.

    林美紅|HAYASHIMiku [link]


グループ展、アートイベント


2022年 「STUDIO YUGA」京都市立芸術大学(京都)
「Black market II」SUNABAギャラリー(大阪)
「京都市立芸術大学制作展」京都市立芸術大学(京都)
「第6回京都学生アートオークション」京セラ美術館(京都))
2021年 「京都市立芸術大学制作展」京都市立芸術大学(京都)
「分岐展」京都市立芸術大学(京都)
「BORDER! 2021」ゼスト御池(京都)


会場


イロリムラ
〒530-0016 大阪府大阪市北区中崎1丁目4番15号

IRORIMURA
1-4-15 Nakazaki, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
info@irori2005.com

イロリムラ関連ページ[link]



Tweet