狭刈十(さがりじゅう)個展「Imitation.jp」2022年7月9日(土)〜20日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー


Tweet
作品画像


SAGARI Ju Solo show "solo show"
Jul 9 (Sat) - 20 (Wed), 2022(close:Thu, Fri) at SUNABA gallery


狭刈十(さがりじゅう)「Imitation.jp」
種別:企画個展
会期:2022年7月9日(土)〜20日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


SAGARI Ju solo show
"solo show"

DATE:Jul 9 (Sat) - 20 (Wed), 2022
TIME:14:00 - 20:00(JST)、Wed 18:00
CLOSE:Thu, Fri
ADMISSION:free

SUNABA gallery
Yosimura Bld.302, 1-1-6, Nakazakinishi, Kita-ku
OSAKA, 530-0015, JAPAN
sunabagallery@gmail.com

作家プロフィール|Profile



2016年、成安造形芸術大学卒。2018年、グループ展「純粋キャラクター批判」にて当店初登場。以降、出品を重ねる。一貫してヤンキーの若者の姿を描き続ける。
Graduated from Seian University of Art and Design in 2016. In 2018, her first appearance in group exhibition "Critique of Pure Characters". She consistently portrays the youth of the Yankees.
[twitter]

イントロダクション|Introducton



  • sunaba
    狭刈十(さがりじゅう)《Hale》(2021)
    SAGARI Ju 'Hale' (2021)

    sunaba
    狭刈十(さがりじゅう)《Boyhood #01》(2021)
    SAGARI Ju 'Boyhood #01' (2021)

    sunaba
    狭刈十(さがりじゅう)《Kamigoto號》(2021)
    SAGARI Ju 'Kamigoto' (2021)

  • 主催者ごあいさつ|From gallery

    批評家の五十嵐太郎によれば、これまで十分すぎるほど論じられてきた「オタク」に対して、ヤンキーは語られることが少なく、地域に閉ざされてきた「日本精神の無意識」だと言います。そうしたヤンキー文化に一貫してまなざしを注ぎ、描いてきたのが狭刈十(さがりじゅう)です。 この作家がヤンキーに向ける眼差しは、嫌悪と愛が入り混じったものです。日本のある種の「知的な」人々が直視することを避け、否認し続けてきた文化への、愛憎あふれるその筆致を、この機会に是非ご高覧いただければ幸いです。
    In Japan, "Yankee" does not mean white youg men but so called bad boys. According to critic Taro Igarashi, the "yankee" are rarely talked about and are "unconsciousness of Japanese culture" that has been closed to the local community. That as opposed to the "otaku" that have been discussed more than enough. SAGARI Ju has drawn with a consistent look at such "yankee" culture.This artist's gaze on the "yankee" is a mixture of disgust and love. Almost of all the "intelligent" people in Japan has ignored "yankee" culture. We hope that you will take this opportunity to take a look at the paintings filled with love and hate about "yankee" culture.



    作家ステートメント|Statment

    私は着飾る人々やデコられたものに強い興味を持っています。身体や道具を飾ることは最も原始的な表現の一つと言えるからです。着飾ることは自身の所属を明らかにし、一目で生活スタイルや性格を想像させます。 社会的な流行や規範から外れた装いは、批判の対象になることもしばしばあります。また、理想の装いのために倫理を外れた行為に走る人もいます。武装するように、着飾ることに心血を注ぎ生きるのは、孤独で刹那的な生き方のように感じます。そういった生き方を目にしたとき、破壊的とすら感じられることもあります。しかし、その寂しさから美しいものや驚異的なものが出来ているから、私は強く惹かれているのです。 そうやって何かを面白がるのは、批判することより捻くれているかもしれません。私は着飾ることに心血を注ぐ人々の生活を夢想しています。何かを観察し描写することは、その「対岸」に居ることを自覚する必要があります。その自覚を強く持ち、愛憎の両方を込めて描くのが私の今の信念です。

    I have a strong interest in excessive dressing up and decorating. Decorating someone's body or belongings is one of the most primitive expressions. Dressing up reveals their cultural or social affiliation and It makes us imagine their lifestyle and personality at a glance. Their clothing that deviates from social trends or norms. People often criticize them. For their ideal outfit, some of them do even unethical act . Their dressing up seems just like arming. It looks like a lonely and ephemeral way of life to me. When I see that way of life, I often even feel they are destructive. However, I am strongly attracted to the beautiful and wonderful things that arise from their loneliness. Ordinary people criticize them, but I'm interested in. My such interest about them may be more twisted than criticism by public people. Although I imagine of the lives of people who devote themselves to dressing up, I think that it is very important to be aware of the position of me as just a observer. It is my current belief to have such a consciousness. I will draw their way of life with both love and hate.

    狭刈十(さがりじゅう)|SAGARIJu [link]


★グループ展|group show


2021年 「冬の小作品展」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
「婆娑羅系」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2020年 「Heroes」SUNABAギャラリー(大阪)
「天球遊戯」SUNABAギャラリー(大阪)
2019年 「失われた祝祭」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
「刹那 うつろう少年」SUNABAギャラリー(大阪)
2018年 「純粋キャラクター批判」SUNABAギャラリー(大阪)


会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像