すうひゃん。個展「あしたの子」2022年6月25日(土)〜7月6日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー


Tweet
作品画像


Soohyang Solo show "Children of tomorrow"
Jun 25 (Sat) - Jul 6 (Wed), 2022(close:Thu, Fri) at SUNABA gallery


すうひゃん。「あしたの子」
種別:企画個展
会期:2022年6月25日(土)〜7月6日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


Soohyang solo show
"Children of tomorrow"

DATE:Jun 25 (Sat) - Jul 6 (Wed), 2022
TIME:14:00 - 20:00(JST)、Wed 18:00
CLOSE:Thu, Fri
ADMISSION:free

SUNABA gallery
Yosimura Bld.302, 1-1-6, Nakazakinishi, Kita-ku
OSAKA, 530-0015, JAPAN
sunabagallery@gmail.com

作家プロフィール|Profile



1974年、東京都生まれ。在日コリアン3世。1996年、武蔵野美術短期大学卒、1998年、セツモードセミナー卒。2001年「ザ・チョイス」入選。2011年、家族とともに宮崎県に移住。2015年、GALLERY INDIVIDUAL(宮崎)にて個展。以降、個展、グループ展多数。2021年「段々降りてゆく 九州の地に根を張る7組の表現者 - 」熊本市現代美術館(熊本)、「アートフェアアジア福岡2021」博多阪急(福岡)。同年、当店初登場。
Born in Tokyo in 1974. Third generation of Korean in Japan. 1996, graduated from Musashino Art Junior College, 1998, graduated from Setsu mode Seminer. 2001 Selected for "The Choice". 2011, moved to Miyazaki Prefecture with his family. Solo exhibition , Many group exhibitions. 2021 "Gradually descending -7 artists rooted in Kyushu-" Kumamoto City Museum of Contemporary Art (Kumamoto), "Art Fair Asia Fukuoka 2021" Hakata Hankyu (Fukuoka). In the same year, first appeared at our gallery.
[twitter]

イントロダクション|Introducton



  • sunaba
    すうひゃん。《僕の花は少しだけ悲しい》(2021)
    Soohyang 'My flowers are a little sad ' (2021)

    sunaba
    すうひゃん。《魔法を忘れた子》(2021)
    Soohyang 'A child who has forgotten magic' (2021)

    sunaba
    すうひゃん。《きのうの夜》(2021)
    Soohyang 'Last night' (2021)

  • 主催者ごあいさつ|From gallery

    すうひゃん。の作品から私は、「何かが言いたい」という気持ちを、とても強く感じます。対象の外面ではなくその内面、感情、気持ち、人間としての「重み」のようなものを感じます。そうした彼女の制作の姿勢は幸いなことに高く評価され、昨年は熊本市現代美術館(熊本)でのグループ展や、博多阪急(福岡)でのアートフェアにつながりました。どうかこの機会に、この素晴らしい作家を多くの方に知っていただければと思っています。
    From Soohyang's work, I feel very strongly something like a voice, "I want to say something". I feel something like the inside, feelings, hearts, and human "existential weight" of the subject, not human outside. Fortunately, her attitude toward production was highly evaluated, and last year she could join a group exhibition at the Contemporary Art Museum Kumamoto (Kumamoto) and an art fair at Hakata Hankyu (Fukuoka). I hope that many people will know this wonderful artist at this opportunity.

    作家ステートメント|Statment

    近年、私は実在の子供達のポートレイトを制作してきました。子供は私にとっては過去から未来を往来する依代のような存在です。子供たちによって遠い感覚を思い起こさせられ、またある時は未来を憂いたり考えたりします。子供を考えるキーワードとしては水や物語、野生といった子供達との親和性があり、その要素を用いて作品を制作しています。混沌とした世界にあって、様々な環境にさらされ生きる、目の前の彼らを見つめながら日々絵を描いています。


    In recent years, I have been painting portraits of children who really exist. For me,children are like media who come and go between the past and the future. They remind us of distant senses. And at other times they make us worry and think about the future. When I think about children, some keywords which are an affinity with children such as water, stories, and the wild come to my mind. And I produce my works using those elements. In a chaotic world, I draw paintings every day while staring at children in front of me, those who live in various environments.

    すうひゃん。|Soohyang [link]


★個展|solo show


2019年 「きのうの夜とゆきやなぎ」ギャラリー枝香庵(東京)
2017年 「リトルメロデイ」宮崎県立美術館県民ギャラリー(宮崎)
2015年 「スカートのすそのセンダングサ」GARALLY INDIVIDUAL(宮崎)
2006年 「ある人の気記」阿佐ヶ谷対山館(東京)
2004年 「瞬間の隙間」ギャラリーアンシール日本橋(東京)
2003年 「楽園のスカーフ」マキイマサルファインアーツ新橋(東京)
2001年 「Water Mark」阿佐ヶ谷対山館(東京)
1999年 「Natural coulour」世田谷市民ギャラリー(東京)


★グループ展|group show


2022年 「ART NAGOYA 2022」3ta2GALLERY, 名古屋観光ホテル(名古屋)
2021年 「人間を描くⅡ」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
「段々降りてゆく」熊本現代美術館(熊本)[link]
「春ハレ展」なかお画廊(熊本)
「Kyushu New Art」博多阪急(福岡)
「アートフェアアジア福岡 AFAF2021」なかお画廊(福岡), 博多阪急(福岡)
2019年 「わたしの中の村上春樹Ⅲ」ギャラリー枝香庵(東京)
2018年 「武蔵野美術大学校友会鹿児島支部 第34回 む展」鹿児島市立美術館(鹿児島)
「静寂とハミング 村田晴子 すうひゃん。二人展」なかお画廊(熊本)
2017年 「ワンダーアートフェスティバル」みやざきアートセンターワンダーアートスペース(宮崎)
2016年 「ユズリハ」みやざきアートセンターワンダーアートスペース(宮崎)
2003年 「London Seoul Tokyo  tour show 2003」oxo tower(ロンドン), hana art gallery(ソウル), makii masaru fine arts(東京)


★受賞|AWARDS


2017年 宮崎県美術展絵画部門準特選
2001年 『イラストレーション』誌「ザ・チョイス」入選
2000年 イルフ童画館第 1 田武井武雄記念童画コンテスト入選


★媒体掲載|MEDIA


2019年 「美の鼓動 九州」(テレビ西日本)


会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像