宮崎まゆ子個展「私の皮膚は固く厚く」2022年1月22日(土)〜2月2日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー


Tweet
作品画像


MIYAZAKI Mayuko Solo show "My skin is hard and thick"
Jan 22 (Sat) - Feb 2 (Wed), 2022(close:Thu, Fri) at SUNABA gallery


宮崎まゆ子「私の皮膚は固く厚く」
種別:企画個展
会期:2022年1月22日(土)〜2月2日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


MIYAZAKI Mayuko solo show
"My skin is hard and thick"

DATE:Jan 22 (Sat) - Feb 2 (Wed), 2022
TIME:14:00 - 20:00(JST)、Wed 18:00
CLOSE:Thu, Fri
ADMISSION:free

SUNABA gallery
Yosimura Bld.302, 1-1-6, Nakazakinishi, Kita-ku
OSAKA, 530-0015, JAPAN
sunabagallery@gmail.com


作家プロフィール|Profile



東京都出身、愛知県芸在籍中。愛知県芸と名芸との合同展のほか、DESIGN FESTA GALLERY(東京)、ギャラリーカノン(東京)、当店でのグループ展などに出品。白亜地キャンバスにインプリマトゥーラ(有色の下塗りを施す古典技法)を用いて、オタク的なキャラクターを描く。
Born in Tokyo, currently enrolled in Aichi University of the Arts(AUA). She exhibited group exhibitionin at DESIGN FESTA GALLERY (Tokyo), Gallery Kanon (Tokyo), our gallery, etc. And she has joined in joint exhibitions of AUA and Nagoya University Of Arts. She draw a OTAKU character on the canvas using Imprimatura (a classic technique of applying a colored undercoat).
[twitter]

イントロダクション|Introducton



  • sunaba
    宮崎まゆ子《私が殺された日》(2020)
    MIYAZAKI Mayuko 'The day I was killed' (2020)

    sunaba
    宮崎まゆ子《いっせき》(2020)
    MIYAZAKI Mayuko 'One ship' (2020)

  • 主催者ごあいさつ|From gallery

    私が最初に見た宮崎まゆ子の作品には、巨大化した少女が描かれていました。その巨大な少女からは「どうして私はこんなに大きくなってしまったのだろう」といった、当惑や不安が感じられました。

    古典的技法で描かれる宮崎の描く少女たちは、アニメ風のキャラクターであるにも関わらず、その内面まで感じさせます。記号的キャラクターとは趣を異にする、内面を持った宮崎の人物表現に、どうぞご注目ください。

    MIYAZAKI Mayuko's work, which I first saw, depicted a huge girl. The giant girl seemed to me that she felt embarrassed and anxious, as if she seemed to me asking, "Why did I grow up so big?"

    The girls drawn by MIYAZAKI with classical techniques, make us feel the inside of personality even though they are anime-like characters. Please pay attention to MIYAZAKI's character expression who make us feel humanity, which is different from character as just a sign.

    作家ステートメント|Statment

     私は「失われたもの、もうここにないもの」をテーマに制作しています。
     昔遊んだ祖父母の家、幼少期を共に過ごした犬、昨日見た夕焼け、そういったものはもうどこを探しても見つけることはできません。死んでしまった犬の毛が家の埃に混じらなくなったころ、もう彼は文字通りどこにもいないのだと気づきました。
     頭の中にしかない思い出は、少しずつ元の形を忘れて、ただ美しく歪んでいきます。
     本当に美しいものは頭の中にしかなく、その形はあいまいです。私はざらついたキャンバスに絵具を刷り込み、もうないものの輪郭をなぞるようにしてその形を取り出そうとしています。
     年を取るたびに私の皮膚は固く厚くなり、傷つかなくなっていく代わりに、そこにあるものをあるままにとらえることが難しくなっていきます。無くしてしまったもの、かさぶたがはがれた後の傷跡を忘れないように、私は制作を続けているのです。

    I am working on the theme of "lost things, things that are no longer here".
    The house of my grandparents I used to play, the dog I spent my childhood with, the sunset I saw yesterday, and so on, I can't find them anywhere anymore. By the time the dead dog's hair was no longer mixed with the dust of the house, I realized that he was literally nowhere.
    The memories that are only in my head gradually forget their original shape and just distort beautifully.
    The only thing that is really beautiful is in my head, and its shape is ambiguous. I paint on a rough canvas and try to capture its shape by tracing the contours of something that isn't there anymore.
    As I get older, my skin becomes harder and thicker, and instead of less damage, it becomes more difficult to capture what is there. I continue to make my works so that I don't forget what I lost and the scars after the scab came off.

    宮崎まゆ子|MIYAZAKI Mayuko[twitter]


★グループ展


2022年 「Post kawaii」SUNABAギャラリー(大阪)
2020年 「裏Kawaii」SUNABAギャラリー(大阪)
「オルタナティブな具象」SUNABAギャラリー(大阪)
2018年 「セカイ展」DESIGN FESTA GALLERY(東京)
2017年 「県芸×名芸展」市民ギャラリー矢田(名古屋)
「共鳴する世界展」ギャラリーカノン(東京)
「デザインフェスタ」東京ビッグサイト(東京)


★媒体掲載


2020年 『ExtrART file 26』アトリエサード[link]


会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像