大山菜々子個展「星を喰らう夢を見た」2021年6月26日(土)〜7月7日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー


Tweet
作品画像
DM使用作品《光よどうか消えないで》(2021)


OYAMA Nanako
I had a dream of eating a star


大山菜々子「星を喰らう夢を見た」
種別:企画個展
会期:2021年6月26日(土)〜7月7日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


作家プロフィール



2020年、東京藝術大学大学院(日本画)修了。2018年に銀座モダンアート(東京)、2020年、2021年に柴田悦子画廊(東京、モダンアートプロデュース)にて個展。グループ展に「アートのチカラ」新宿 伊勢丹本店(東京)、「真夏の死Ⅲ 夏の光と少年たち」(当店)、「FACES and HEADS」みうらじろうギャラリー(東京)など。
[公式サイト] | [twitter]

イントロダクション



  • sunaba
    大山菜々子《絡まる》(2019)

    sunaba
    大山菜々子《待ちて実る》(2020)

  • 主催者ごあいさつ

     大山菜々子は主に美少年をテーマに制作を続ける作家です。大山の描く美少年は、どれもいっけん優しそうではありますが、不思議なことに、同時にひやっとした冷たさを伺わせいます。色調、タッチはあくまで優しく、柔らかではあるのですが、目がどこか危ないのです。

     歌舞伎の世界に「色悪(いろあく)」という言葉があるのだそうです。女性を迷わせて弄ぶ男のことを言うそうですが、まさにそうした色悪の趣が、大山の描く美少年にはあります。

     現実の世界にこんな青年がいたら、あまり近寄らないことをお勧めしますが、幸いなことに大山の描く美少年は絵画であり、架空の存在です。どうぞ思う存分大山の美少年の放つ魔性を、心ゆくまでお楽しみください。



    作家ステートメント

    星を喰らう夢を見た。
    星を喰らう夢というのは物事の終わりや死を暗示するらしい。
    消えていく光を、終わりゆく今を、必死に描き留めることしか私にはできない。
    そうして今日も筆をとる。


    少年から青年へと変わっていく間の一瞬を切り取ることを試みた作品群を、初の大阪個展にて一挙に公開致します。
    お楽しみ頂ければ幸いです。
    大山菜々子[link]


★個展


2021年 「わたしのものではなくなっていくきみへ」柴田悦子画廊(東京、モダンアートプロデュース)
2020年 「寄る辺のない」柴田悦子画廊(東京、モダンアートプロデュース)
2018年 「夜を数えて」銀座モダンアート(東京)


グループ展、アートイベント


2021年 「美しい男展」ギャルリーラー(東京)
「FACES and HEADS 2021」みうらじろうギャラリー(東京)
「少年展III」DESIGN FESTA GALLERY(東京)
2020年 「銀座MOGA2020」柴田悦子画廊(東京)
「熱と凛」柴田悦子画廊(東京)
「記憶の記録」みうらじろうギャラリー(東京)
「FACES and HEADS 2020」みうらじろうギャラリー(東京)
「SUMMER SALE2020」SUNABAギャラリー(大阪)
「Heroes」SUNABAギャラリー(大阪)
2019年 「A-TOM AWARD 2019 EXHIBITION」コートヤードHIROO ガロウ(東京)
「山本冬彦推薦作家による招き猫作品展」枝香庵(東京)
「美しい男展IV」BAR山崎文庫(東京)
「日本画五人展」柴田悦子画廊(東京) モダンアートプロデュース
「少年展2」にじ画廊(東京)
「たんざく展」新宿 伊勢丹本店(東京) 松坂屋名古屋展(名古屋)
「真夏の死Ⅲ 夏の光と少年たち」SUNABAギャラリー(大阪)
2018年 「浅春の賦」九段耀画廊(東京)
「ニッポン!イケメンイケジョ図鑑」新宿伊勢丹本店(東京)
「互認展―累-」耀画廊(東京)
2017年 「アートのチカラ2017」新宿伊勢丹本店
「まほろば展」九段耀画廊
「春の讃歌Ⅲ」九段耀画廊
「見参2017」アレーナホール&サロン
「美しい男展」銀座モダンアート
2016年 「アートのチカラ」新宿伊勢丹本店(東京)
「のびるのはな」八犬堂ギャラリー(東京)
「春の讃歌Ⅱ」九段耀画廊(東京)
「少年展」にじ画廊(東京)
「見参2016」アレーナホール&サロン(東京)
「INTRO5」Art Complex Center of Tokyo(東京)
「秋の讃歌」九段耀画廊(東京)
「少年展Ⅱ」東京藝術大学(東京)
2015年 「うた絵展」ギャラリーカフェバー縁縁(東京)
「六面体」銀座アートスペース(東京)
「春の讃歌」九段耀画廊(東京)
「Art Olympia2015」豊島区新庁舎(東京)
「見参2015」伊藤忠アートスクエア(東京)
「少年展」東京藝術大学(東京)
「the artfair plus-ultra」青山スパイラルガーデン(東京)


★受賞


2019年 Art Olympia2019 学生部門 高橋明也、鄭林審査員特別賞
A-TOM ART AWARD 2019
2015年 Art Olympia2015 学生部門6位入賞


会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像

Tweet