水玉みり個展「心のカラフル」2020年10月31日(土)〜11月4日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー


Tweet
作品画像
DM使用作品「にょどっち」シリーズ(2020)


MIZUTAMA mili
Colorful heart


水玉みり「心のカラフル」
種別:企画個展
会期:2020年10月31日(土)〜11月4日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


作家プロフィール



京都府生まれ。2001年、京都府立朱雀高等学校卒。 発達障害と双極性障害を持つ。NPO法人による企画展「天才アートKYOTO」の一員として、烏丸御池ギャラリー(京都)、ロームシアター(京都)、京都マルイ(京都)などに出品。2017年、Studio&Gallery MATTua-LA(京都)にて個展。同年、当店初出品。このほか智積院(京都)、おてらハウス(京都)、ART ZONE(京都)、アトリエ三月(大阪)、JARFO京都画廊(京都)などでグループ展。

[twitter]

イントロダクション



  • sunaba
    水玉みり《無題 d》(2018)

    sunaba
    水玉みり《?》(20??)

  • 主催者ごあいさつ

     水玉みりは、「まる」を散りばめた絵画作品のほか、粘土を使った「にょどっち」と呼ぶオブジェを作っています。ナマコのようなお菓子のような、得体の知れない、気持ち悪くて同時にカワイイ立体作品が「にょどっち」ですが、そこにはどういう意味が込められているのでしょうか。

     作家によれば「にょどっち」とは「何ものでもないもの」なのだそうです。「何ものでもないもの」を作ってみたくて出来上がったものに、何ものでもない名前をつけたくて「にょどっち」という名前をつけた。つまり既存の言葉では言い表せない何か、ということです。

     みりの表現は、90年代の原宿を中心にした、暴力的なまでにカラフルな「カワイイ」のムーブメントの影響を受けています。ですが、同時にその根底には、そうした暴力的な色彩で自己を表現せざるを得ない「生きづらさ」の感覚があります。かわいいけど不気味、ポップだけどドロドロしている。そんな水玉みりの世界を、どうぞこの機会にごゆっくりご覧いただけましたら幸いです。



    作家ステートメント

     「学校や家庭が上手くいってない人モノトーンの人が、革命というかぼかーんってなってただ事ではないくらい暴力的なカラフルなお洋服や気持ちで街にたくさんの人が集まった、そのカラフルな人は力強いけど凄く脆い悲しいカラフルでもある。」
    って事が私のどこかに刷り込まれてる。
    から、こんな作品になりました。ってことです。
    水玉みり


★個展


2017年 「みりみりらんど」Studio&Gallery MATTua-LA(京都)


★グループ展


2019年 「A4の世界IX Paradox Paradise」SUNABAギャラリー(大阪)
「曖昧さの美学」SUNABAギャラリー(大阪)
「第34回三日展 継続は力なり」JARFO京都画廊(京都)
「showcase vol.12 作為/無作為」アトリエ三月(大阪)
「MATTua-LA SELECTION」studio&gallery MATTua-LA​(京都)
2018年 「Point 02 差異と反復」SUNABAギャラリー(大阪)
「pinkjack大展覧会-ファンタズマゴリア-」ちいさいおうち(京都)
「描き、紡ぎ、絆ぐ」ART ZONE(京都)
「小さくて大きな宇宙の国」おてらハウス(京都)
「水玉みりライブペイント」tenten城(大阪)
2017年 「Jiin Join in 智積院」智積院(京都)
「天才アートKYOTO 天才アート展」京都マルイ(京都)
「A4の世界V BLACK」SUNABAギャラリー(大阪)
「天才アート展」ロームシアター(京都)
2015年 「天才アートミュージアム展2015」烏丸御池ギャラリー(京都)


★媒体掲載など


2017年 『京都新聞』「洛中洛外」4月19日付夕刊
山田繊維とのコラボによる風呂敷デザイン
2016年 『天才アートKYOTO 会報No.11』


会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像