企画グループ展「オルタナティブな具象」2020年10月17日(土)〜28日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー


Tweet
作品画像


groupshow
Alternative figurative painting
HIRUTA Mihoko, FUNAKOSHI Sumire, MIYAZAKI Mayuko, CHIGIRA Shoko


「オルタナティブな具象」
種別:企画グループ展
出品作家:蛭田美保子 船越菫 宮崎まゆ子 ちぎらしょうこ
会期:2020年10月17日(土)〜28日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


イントロダクション


 当店では定期的に開催しているコンテンポラリー系のグループ展ですが、今回はあえて具象にこだわってセレクトしてみました。食物を実際に加工してオブジェ化し、写実絵画に仕上げる蛭田美保子。具象絵画ではあるものの、暈かし技法を使ってほとんど抽象と見紛うような作品に仕上げる船越菫。油彩の古典技法を用いて現代的なキャラクターを描く宮崎まゆ子。ジェッソの堆積を用いて沖縄の海やサンゴを思わせる平面を作り出す、ちぎらしょうこ。いずれも具象絵画の範疇にとどまりながら、どこか通例の具象の枠を超え出た作家たちを集めました。何卒よろしくご高覧いただけましたら幸いです。


[企画作家]




会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像

Tweet