企画グループ展「cut up 拡張するコラージュ」2019年11月9日(土)〜13日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー


Tweet
作品画像


groupshow
cut up


「cut up 拡張するコラージュ」
種別:企画グループ展
出品作家:平手朝日 近藤正太郎 冨永絢美
会期:2019年11月9日(土)〜13日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


イントロダクション


 これまで怪奇幻想とコミックアートを中心にしてきた当店ですが、今回のグループ展では従来とはちょっと路線の異なる作家を集めてみました。

 嵯峨美術大学卒の平手朝日は、観客との電話の会話をインスタグラムにアップするという観客参加型の作品を手がける作家。同じく京都嵯峨芸術大の短大卒の冨永絢美は、自身の筆触を切り抜いたコラージュを手がける作家です。そして東北芸術工科大学在学中の近藤正太郎は、自身の顔をスキャンして解体、再構築した立体コラージュを制作している若手です。

 三名中二人がコラージュ、残る一名も「人間関係のコラージュ」と解釈し、文学上のコラージュ技法である「カットアップ」をタイトルといたしました。三人三様のカットアップ、何卒よろしくご高覧ください。


出品作家




会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像

Tweet