企画グループ展「Point06 メディウム・リバイバル」2019年9月7日(土)〜18日(水)木金休廊 SUNABA ギャラリー


Tweet
作品画像

groupshow
Point 06: Medium Revival


「Point06 メディウム・リバイバル」
種別:企画グループ展
出品作家:宮崎萌子 城愛音 原康浩 山中千尋
会期:2019年9月7日(土)〜18日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com


イントロダクション


「Point」はSUNABAギャラリーが取り組む、現代美術を中心としたグループ展で、今回は6回目。今回のテーマは「メディウム・リバイバル」です。

 ここでいいうメディウムとは狭義の「溶剤」のことではなく、広義の制作材料全般、いわゆるマチエールのことです。なんでいまメディウムに注目するのか? 正直なところ、直感です。あまり理由はないのですが、いまメディウムが大事なんじゃないのか、という気が無性にして、こういうグループ展を組んでみました。

 メンバーにはマチエール感を前面に押し出した抽象作家の原康浩や宮崎萌子のほか、半具象の城愛音や山中千尋を迎えています。いまの中堅、若手世代がメディウムのなかに感じている「何か」が見える展覧会になれば、企画者としてこれに勝る幸いはありません。


出品作家




会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

作品画像

Tweet