ある紗 ほか 公募グループ展「少女地獄◉現代篇」 2018年10月6日(土)〜17日(水) 木金休廊 SUNABA ギャラリー


Tweet

作品画像

Group show feat. Arusha
Girlish Inferno


「少女地獄◉現代篇」
種別:公募グループ展
招待作家=ある紗
企画作家=田野敦司 池田ひかる
公募作家=フクカワサトコ 12番目の子 アキラトツカ 志村佳苗 塩野ひとみ

会期:2018年10月6日(土)〜17日(水)
時刻:14~20時、水曜日18時
休廊日:木金休廊
入場料:無料

会場:SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
sunabagallery@gmail.com



主催者ごあいさつ


 タイトルの「少女地獄」は有名な夢野久作の短編小説から採ったものですが、例によってこの小説のことは、さほど意識していただく必要はありません。少女のおかれた地獄、少女が感じる地獄を描いていただければそれで結構です。

 「現代篇」の語は、かの寺山修司が好んで演劇のタイトルにつけた「篇」という文字が使ってみたくてつけたのですが、こちらは多少意識していただけると嬉しいです。久作や寺山のレトロな世界観に引っ張られ過ぎず、現代の少女が感じるであろう地獄の姿を描いていただければと思います。

 招待作家の「ある紗」は今年、当店で個展デビューを果たした若い作家で、しかもまだ現役の画学生。まさに「少女地獄◉現代篇」を地で行くような作家ですが、なんと彼女は寺山の存在すら知りませんでした。そうした若い感性で、現代の地獄を描いていただければ幸いです。



[招待作家]




[企画作家]




[公募作家] 残り枠=0名




応募規定


★搬入

初日 朝10:00集合
郵送搬入可、ただし申し込み時に申告のこと
郵送の場合、開催の前の会期の水曜までに当方着でお送りください。

★搬出

最終日 18:00~(原則自己搬出)
3名まで郵送可、ただし梱包作業料として、 別途1,080円(税込)申し受けます。
荷物の運賃は別途、着払いとなります。

★サイズ

幅100cmまで

★会期

2週間、木金休廊

★出品料

自己搬出の場合;公募枠=9,720円(内消費税720円)
郵送搬出の場合;公募枠=10,800円(内消費税800円)
会期2カ月前までにお支払いください。

★マージン

作品:公募枠30%、サポート枠40%、企画枠50%
グッズ:30%

★ご注意

アルコール類は持ち込み禁止。
会場内の撮影、SNSアップは可とします。ご了承ください
コピックなどの染料系画材を用いた作品は販売不可。ただし展示のみ可能です。
SNS経由のお申し込み不可。必ずメールでsunabagallery@gmail.comまでお申込みください。
そのほか詳しくはこちらをお読みください。

★お申込み

ご来店もしくは下記をメールでお送りください。
参加する展覧会名
作家名ふりがな
作家名
本名ふりがな
本名
アドレス
電話
郵便番号
住所
作品の見られるサイトまたは作品画像


会場


SUNABAギャラリー
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302

作品画像
Tweet