リヴィア・グノス
Livia Salome GNOS


Tweet

sunaba

★略歴


1977年、スイス、ツーク州生まれ。ジュネーヴ造形大学を卒業
2002年以降、スイスを拠点に展覧会、受賞多数
独オッフェンバック、ベルリンなどでのグループ展参加
2013年、アイスランドでレジデンス、2015年、日本滞在
滞在中に出会った「墨」で、手書きの螺旋のドローイングを開始
2016年、当ギャラリーで日本初個展
[official site] |  [facebook]


★作品



★個展


2016年 「集中」SUNABAギャラリー(大阪)[link]
2013年 「Cabinet exhibition」ガラリエ・カルラ・レングリ(ツーク)


★アートイベント、グループ展


2016年 「リヴィア・グノス & 宇治俊巳」加茂町公民館(岡山)
「日本の宇宙遺跡」Visarte Genéve(ジュネーブ)
「アトリエ通信」ガラリエ・カルラ・レングリ(ツーク)
「ツークの現代美術 各州の作品」ツーク美術館(ツーク)
2015年 「ウーリ州作家アニュアル」ウーリ州美術館(アルトドルフ)
「ツーク作家制作展」Chollerhalle (ツーク)
2014年 「ヴォー州 心拍同調2014」州立美術館(ローザンヌ)
「アトリエ通信」ガラリエ・カルラ・レングリ(ツーク)
2013年 「蒸留物 ベルリンにおけるツーク州の作家たち」Kunstverein Tiergarten / Galerie Nord(ベルリン、独)
「ウーリ州作家アニュアル」ウーリ州美術館(アルトドルフ)
2012年 「中央スイスアートアニュアル」ルツェルン美術博物館(ルツェルン)
「ウーリ州作家アニュアル」ウーリ州美術館(アルトドルフ)
2011年 「ウーリ州作家アニュアル」ウーリ州美術館(アルトドルフ)
2010年 「黒を見る ギャラリーの作家たち」ガラリエ・カルラ・レングリ(ツーク)
「Urnerアニュアル展」ウーリ州美術館(アルトドルフ)
「都市文化発展の洞察」スペースレンタルセンター(ツーク)
「ツークから」Haus Zentrum(ツーク)
2007年 「はるかな近さ1」ツーク美術館(ツーク)
「はるかな近さ2」ツーク美術館(ツーク)
「小品展 ギャラリーの作家たち」ガラリエ・カルラ・レングリ(ツーク)
2004~05年 「アニュアル展」ルツェルン美術博物館(ルツェルン)
ギャラリー・アート・ワン(チューリッヒ)
「青い時間」Hafen2(オッフェンバック、独)
2002年 「最大―最小」bh9、ジュネーブ美術大学院(ジュネーブ)、カタログあり
「ライトボックス」Gr?tli写真センター(ジュネーブ)
「そして船は行く」Attitudes(ジュネーブ)


★受賞


2015年 アトリエフレックス、ツーク州文化局
2014年 ハインリッヒ・ダニオス芸術文化基金助成金、ユーリ州
2012年 アーティスト・イン・レジデンス、スカフトフェル・センター・オブ・ビジュアルアート、セイジスフィヨルズル、アイスランド
2011年 ツーク州文化局助成金
2005年 ツーク州文化局運搬/トレーニング部
2003年 ハインリッヒ・ダニオス芸術文化基金助成金、ユーリ州
2001、02年 ディプロマ・プロジェクトのためのグレール基金奨学金、アイスランド
2002年 美術大学卒業生のための現代美術州立基金2等賞、ジュネーブ


★媒体掲載


- -


Tweet